新たな人事評価・賃金制度」

導入しようとする中小企業の悩み

「わが社には明確な人事評価制度や賃金システムがない」という社員の不満を解消するために、人事評価・賃金システムの導入を検討しておられる中小企業の経営者はたくさんおられます。しかし、苦労して制度を導入しても、業績が上がらず、社員のモチベーションアップにもつながらない。こんな事例があちらこちらで見られます。これでは、せっかく時間と費用をかけて作っても、まったく意味がありません。

 業績アップに直結する

人事評価・賃金制度を業績に直結させるためには、脱デフレ時代の「勝てる場」を明確にした経営戦略を創造しその内容を人事評価制度に反映させることが必要不可欠です。

ところで、人事評価表は、次のような会社の根幹にかかわる極めて重要な経営課題を実現するための経営ツールです。

人事評価・賃金制度でないと意味がない!

経営理念、経営戦略の浸透・実行

個々の社員の教育テーマの明確化

業績目標の達成

社員の賃金・昇進・昇格決定

 このように、人事評価表は会社経営のバックボーンになる重要なツールです。人事評価表が社員に理解され浸透すれば、これを通して会社の経営戦略を早期に徹底させ、業績を向上させることができます。

日用雑貨業で、大手通販業者、コンビニ、百均ショップとの競合で、年々売上が減少し、銀行からの借入金は年商を超えるまでになった会社(社員90名)が、黒字にⅤ字回復できた

建築解体および産業廃棄物の中間処理会社(社員28名)で、徹底分別とリサイクル処理の仕組みを創り、それを人事評価制度に反映した結果、年商が3倍、営業利益が2億円増加した

債務超過で長年赤字経営の野外用品卸売会社(社員22名)が、顧客店舗のPOP作成、売れる売場づくり提案を強化し、それを人事評価制度に反映した結果、1年後V字回復できた

​●フェーズ1

人事評価制度を活用し業績を上げる!

  1. 明確な人事評価制度がなければ 社員が納得しない時代 

  2. 人事評価制度は経営のバックボーン 

​●フェーズ2

経営戦略を人事評価・賃金制度へ反映させる

  1. 「勝てる場」の創造

  2. 社員参加型プロジェクトで仕事の理解度と 社員のモチベーションを高める 

  3. 「勝てる場の創造」と人事評価制度への反映 

​●フェーズ3

人事評価を賃金に反映させ 社員のモチベーションを高める!

  1. 総額人件費コントロールができる 給与・賞与の決定法 

  2. .職種別人事評価制度で経営戦略を浸透させる 

​●フェーズ4

人事評価制度の目的は 経営者や社員が幸福になること! 

  1. 幸福にならなければ働いている意味がない!

  2. 会社を幸福にする経営を実現する! 

講 師 紹 介

株式会社サティス

代表取締役

梅津 政記

中小企業診断士

神戸大学法学部卒

幸福にならなければ働いている意味がない!」と経営者のみならず、社員全員が思うところです。

これまで、「会社を幸福にする経営」をライフワークにコンサルティングを行う。働く人の幸福とは、「安心して食べていける事」「仕事が楽しめる事」、この2つを実現する経営を「会社を幸福にする経営」として体系化し、中小企業の経営指導を実践している。

 特に、全社員参加による組織モチベーション改革により、「自ら考え実行し、業績を上げる」ことで、やり甲斐、達成感、幸福感を実感できるコンサルティングを得意とし、これまで数多くの中小企業の業績改善に成功している。

▼名古屋開催▼

開催日時

​令和元年10月16日(水)

参加費用

無料

場 所

(愛知県産業労働センター)

名古屋市中村区名駅4丁目4-38

ウインクあいち

対 象 者

中小企業の社長

申込期限

​令和元年10月15日(火)

▼東京開催▼

開催日時

​令和元年10月21日(月)

参加費用

無料

場 所

東京都立産業貿易センター台東館

東京都台東区花川戸2-6-5

対 象 者

中小企業の社長

申込期限

​令和元年10月20日(日)

▼大阪開催▼

開催日時

​令和元年10月28日(月)

参加費用

無料

場 所

新大阪丸ビル別館

大阪市東淀川区東中島1-18-5 丸ビル別館

対 象 者

中小企業の社長

申込期限

​令和元年10月27日(日)

中小企業を幸福にする経営

601-8454 京都市南区唐橋経田町12番地5