【新技術・新知識編】Co2貯留 日本先行も規制の壁 経済の癌の実態

更新日:10月15日

今、脱炭素化を世界中で目指す動きがあり、その技術の1つである、二酸化炭素(CO2)を分離・回収・貯留する「CCS」技術で、三菱重工が世界シェア7割を獲得しています。


しかし、日本国内では脱炭素化を阻害する規制が多くあり、産業発展の弊害となっています。


動画セミナーを見るには、下記の「再生ボタン」をクリックして下さい。