【新技術・新知識編】最低賃金アップに対する中小企業の対応策~最低賃金決まる主要先進国で低さ際立つ~

2021年8月12日に全国の最低賃金額が出揃い、全国平均で930円となりました。


そこで政府は全国一律で、最低賃金を28円上げる目安を打ち出しました。


しかし、コロナ禍で時給を引き上げることは、企業にとって大きな痛手になります。


では海外、特に欧米諸国の最低賃金は日本と比べてどうなっているのか。


欧米諸国は、日本よりもはるかに高い賃金に設定されています。


今回の動画では、世界における日本の最低賃金の比較と、賃金を引き上げても健全な経営をするにはどうすればよいか、お伝えします。


動画セミナーを見るには、下記の「再生ボタン」をクリックして下さい。