​会社を幸福にする経営

601-8454 京都市南区唐橋経田町12番地5 

野外用品卸売業 年商8億円

従業員数24名

​経営診断によって抽出された課題

主力商品を1商品のみに頼っていた同社は、最盛期には年商が7億円に達していたが、同商品が急激に落ち込み、年商は半減し赤字が累積したため、債務超過に陥っていた。

経営は非常に厳しい状況であったが、取り扱い商品を診断すると、落ち込んだ主力商品以外に、商品コンセプトが明確で差別化された商品があり、同商品の販売を徹底的に強化すれば売上・粗利益の回復は可能と判断した。

実施した具体策

  • POP等の店頭販促物を作成する専属担当を設置、POP作成研修などを行い販促物作成力を強化した

  • 営業の業務内容を分析し、営業本来の訪問業務に徹底できるよう、他部門に業務を一部移管した

  • 顧客小売店の売場ラウンド回数の増加による売場改善提案の実施

実施後の効果

強化商品の販売が飛躍的に伸び、コンサルティング実施時、年商4億、営業利益マイナス2千万円であったのが、1年後には年商6億円営業利益2,600万円Ⅴ字回復し、さらに2年目には年商8億円営業利益5千万円になった。