少子高齢化、価格競争化の中で、他社とは差別化された「勝てる場」を明確にした、営業戦略の構築を行います。

営業パーソンごとにバラバラであったセールストークを各人のノウハウを共有化し、標準化されたトークにブラシュアップします。さらに、ロールプレーイングを徹底することにより、誰でもが一定レベル以上のセールストークができるように指導します。

営業パーソンの人的営業だけでは効率が悪すぎます。効果的な販促物(DM、パンフレット、POP)を利用すれば、人的営業の効率は格段に上昇します。
販促物を作るにはどうすればいいかわからない、販促物を作っても思ったような効果がでない、というお悩みを解消します。

あらゆる会社が新規開拓の必要性を痛感されています、しかし、日常の多忙な中で新規開拓まで手が回らないのが現状です。新規開拓を効率的に進め、多忙な中でも実効性のある新規開拓をする方法を取得していただきます。

成熟化した市場の中で、既存客の売上を上げるためには、ライバル他社の営業パーソン以上に、お客様との信頼関係を構築しなければなりません。
本研修では、信頼関係を構築するための訪問の仕方や信頼関係構築のベースとなる商品知識の向上などについて修得していただきます。

単なる御用聞き営業から提案営業へレベルアップするための、顧客ニーズの収集、提案テーマの抽出、提案方法の決定と提案に必要な販促物(企画書、パンフフレット)の作成など、提案営業の一連のプロセスを習得していただきます。

コストカットはとにかく受け身になりやすいもの。社員の参加意識を高めたコストカットで社員が自発的に実行するコストカット推進法を学んでいただきます。

作業方法がバラバラでは、作業効率が悪くなります。作業が最も早くかつ正確な人を基準に作業方法および作業時間を標準化すれば、作業効率は飛躍的に向上します。本研修では、手間暇がかかって大変だと思われている作業のマニュアル化を、標準化を目的に簡潔かつスピーディに作成する方法を修得していただきます。

担当者が休むと代わりに仕事ができる人がいない、仕事の繁閑に応じて臨機応変に人を移動させられない、といったお悩みの会社に、多能工の推進法を習得し、仕事の効率を向上していただきます。

ピッキングには移動作業など、その作業をいくら増やしても生産性が上がらない間接作業がたくさんあります。間接作業を減らし、直接作業を増やすことによって、ピッキングの生産性は飛躍的に向上します。本研修では、ピッキング作業を標準化することによって、作業効率を向上させる方法を修得していただきます。

人によって事務作業の方法がバラバラでは、いつまでたっても効率は上がりません。本研修では、事務作業をマニュアル化、標準化することによって、誰がやっても一定のレベル以上の作業効率が実現できる方法を修得していただきます。

特急の受注が多い、受注内容が途中で頻繁に変更するなどで、生産計画が立てられない。あるいは、生産計画を立てても、工程間の連動がバラバラで、仕掛品が多く発生してしまうなど、生産計画でお悩みの会社に、工程間が連動した生産計画の作成、仕掛品の発生防止、ボルトネックの解消、計画の見える化などにより、効果的な生産計画の立て方を修得していただきます。

欠品による販売のチャンスロスや、在庫過多による資金繰りの圧迫は、企業体力を徐々にむしばんで弱体化させます。本研修では、適切な在庫管理をすることによって、欠品や在庫過多を防ぐ在庫管理の方法を修得していただきます。

3S(整理・整頓・清掃)は、作業効率の改善や品質向上を実現するための基本中の基本です。本研修では、職場の3Sを実践することによって、コストダウンや品質向上の基盤を作っていただきます。

お客様が買いたいと思う商品・サービスを提供することは、企業存続の必須条件です。本研修では、そのような商品・サービスの開発手法を修得していただきます。

社員全員が経営者感覚を持って仕事にあたる全員経営は、現在の厳しい経営環境を乗り切るための非常に重要なファクターとなります。本研修では、損益計算書・貸借対照表・キャッシュフローなどを理解することによって、計数能力を向上し、経営者感覚を身につけていただきます。

部下のモチベーションアップ、リーダーシップのとり方んどをマスターし、部下の能力を向上させる部下育成の方法を修得していただきます。

経営環境の変化スピードが日増しに速くなる今日では、自己の普段の革新により、環境変化のスピードに適応していかなければなりません。本研修では、自己のモチベーションを向上させることをベースに、自己を革新する方法を修得していただきます。

気持ちのいいあいさつや、テキパキとした受け答えは、お客様に好感を持っていただく上で最も大切な要素です。本研修では、適切なビジネスマナーを身につけることによって、顧客満足を高める方法を修得していただきます。

円滑なコミュニケーションを実践するための大切なことは、理性面だけでなく、感情面でお互いが理解し合うということです。本研修では、コミュニケーションは感情面での相互理解が大切なことを通して、適切な報連相の仕方を修得していただきます。

中小企業を幸福にする経営

601-8454 京都市南区唐橋経田町12番地5