私たち人間は、いったい何のために働くのでしょうか。その理由や動機は人それぞれですが、全ての人に共通していることがひとつあります。それは、幸福になるために働いている」ということです。よく働くことで収入が増えれば欲しいものが買えるようになり、生活が豊かになります。それと同時に自分自身がキャリアアップするため、社会人としてだけでなく、人間として成長することができます。働いたことによる成果を実感できた時にこそ、幸福になったと言えるのではないでしょうか。 サティスは、このような経営を「会社を幸福にする経営」と名づけました。

中小企業を幸福にする経営

601-8454 京都市南区唐橋経田町12番地5