コロナ後の国家財政危機への「資産防衛対策」おすすめ本

今回はコロナ後の国家財政危機への「資産防衛対策」おすすめ本というテーマです。


政府は新型コロナウイルス対策として総額108兆円もの巨額の予算を発表しました。


しかし、この財源はというと国債です。


国債を大量に発行すれば、後で返済しなければなりません。しかし、新型コロナウイルスによる経済悪化が続く懸念があり、税収増は当面望めそうにありません。


このまま国債の発行額だけがうなぎ登りに上がっていけば、財政破綻を起こす可能性が出てきます。


もし財政破綻が起こった場合、われわれの資産をどう守ればよいか?


今回は霞が関の元エリート官僚、香川健介さんの著書「10万円からできる!お金の守り方教えます」を紹介し、万が一の場合の資産の守り方についてお話します。


動画セミナーを見るには、下記の「再生ボタン」をクリックして下さい。



中小企業を幸福にする経営

601-8454 京都市南区唐橋経田町12番地5