あるべき成長の姿は「過去・現在・未来」の視点が教えてくれる

今だけの損得でしか、物事を見られない人というのは世の中によくいます。


こういう人は最終的には損してしまう事が少なくありません。


ではどうすれば今だけでなく、過去・未来も含めた時間的な広い視点を持ち、成長する事ができるようになるのか、説明します。


動画セミナーを見るには、下記の「再生ボタン」をクリックして下さい。



中小企業を幸福にする経営

601-8454 京都市南区唐橋経田町12番地5