【新技術・新知識編】育児・介護休業法の実効性が少子高齢化・人口減少問題の鍵を握る~出生率1.34深刻な低出生社会に育児男女格差も際立つ~

日本は少子化が続き、長年問題になっていますが、解決する兆しはなく、状況は悪化するばかりです。


この原因の1つに女性の社会進出があります。


現代の女性はフルタイムで働きながら子育てをしなくてはいけない人が多くなり、男性の育児参加が必要不可欠になりました。


しかし、まだ男性育児参加は不十分な状態にあります。


今回の動画では男女の育児格差が世界各国と比較してどうなっているかお話します。


動画セミナーを見るには、下記の「再生ボタン」をクリックして下さい。