【新技術・新知識編】日本低迷の主犯低失業率

日本は諸外国と比べて生産性が低いと言われますが、その原因として低失業率があります。


通常、低失業率というのは人材が流出しないので、技術力が向上して生産性が良くなると思われますが、今の日本では人材が長年留まることのデメリットの影響が大きいようです。


今回の動画では、なぜ低失業率が生産性の低下を招くか、その原因についてお話します。


動画セミナーを見るには、下記の「再生ボタン」をクリックして下さい。