【新技術・新知識編】年功序列賃金と定年退職制度の今後~70歳定年制に潜む定年廃止論の狙い~

今、少子高齢化などの流れにより、これまでの65歳定年制から70歳以上働くことが近い将来一般的になります。


しかし多くの人がこれまでより長期間働くようになると年功序列制を維持できなくなるので、ジョブ型雇用制度など雇用形態に様々な変化が必要となります。


今回は将来多くの高齢者が働く日本で、雇用形態にどのような変化が起こるのか、お話します。


動画セミナーを見るには、下記の「再生ボタン」をクリックして下さい。