【新技術・新知識編】一人当りGDP韓国、台湾に抜かれる可能性大

内閣府が12月24日に発表した、2020年の一人当たり名目GDPが4万48ドル(約428万円)でOECD加盟38カ国中19位でした。


かつて経済大国と言われた日本ですが、バブル崩壊後に経済力の衰退が続き、多くの国に一人当たりGDPで追い抜かれる結果となっています。


しかも2027年には韓国に抜かれ、2028年には台湾に抜かれる予想となっています。


日本は韓国、台湾と何が違い、なぜこのような衰退する結果になってしまったのか、その原因についてお話します。


動画セミナーを見るには、下記の「再生ボタン」をクリックして下さい。