【新技術・新知識編】インフレと不況が同時進行するスタグフレーションに備えが必要~GDPマイナス3%スタグフレーションに要警戒~

11月15日に7月~9月のGDPが年率換算で3.0%減であることを内閣府が発表しました。


このGDPの減少は、この期間中に緊急事態宣言が発令されたことによる一時的な影響と見られています。


しかし今、原油をはじめとする物価の上昇が、日本経済に悪影響をもたらしています。


物価上昇が多くの商品に波及すると、日本経済はどのようなことになるのか、今回の動画で説明します。


動画セミナーを見るには、下記の「再生ボタン」をクリックして下さい。